大阪大学災害ボランティアサークルすずらん

活動概要



参加者の募集を終了しました。

ツアーの様子はブログで紹介しています。
@ A B C D E F G H I J

日時:228()3月4(金)
(夜行バス1泊、民泊4泊)

費用:27000円(人数により多少変動します)

場所:岩手県九戸郡野田村

出発・到着場所:JR新大阪駅
              2/28:18時集合
             3/4:21時解散


私達「すずらん」が活動する被災地、野田村。


今回のツアーは、「のだ暮らし応援交流ツアー、〜寒い!けどあったかい野田暮らしを体感なのだ!〜」です。

2011年5月から野田村で活動は初めて、今までのボランティア活動のままでいいのか?
これからの野田村を考える上で、本当に必要なことは何だろうか?

こうした疑問から2012年度から、野田村の産業を“支援”ではなく“応援”したいと思い、ツアーを実施しています。 

そして、今回のツアーの一番の魅力も、何といっても「民泊」です。

大阪など都会では経験できない、いや野田村でしか体験できない冬を過ごす知恵や、温かい村民の方たちと過ごした思い出は、きっと後々かけがえのないものになるはずです。
「おかえり」と「ただいま」を通じて、のだ暮らしを体感してみませんか?

そして前回同様、今回も仮設でのイベントを行う予定です。
東日本大震災から5年が経つ今、野田村を含め東北では高台住宅への移転に伴い、仮設住宅の集約や閉鎖の動きが進んでいます。
この節目の年に関わらせていただくことに、感謝の気持ちを抱くと共に、我々自身も改めて、自分の目で見て、記憶に留めておきたいと思います。

前回のツアーの様子は、ブログ「のんのりのだ物語。」で動画付きで紹介されています。ぜひ、ご覧ください!
「それぞれの、大切な時間。〜のだ暮らし応援交流ツアー〜」(2015/09/16)http://blog.livedoor.jp/nonnori_story/archives/43098349.html

前回と同じ体験もあれば、前回にはできなかった体験も今回のツアーには入っています。

今回は何をするのかは、チラシを見て想像してみてください。

「被災地を想う」でも、「出会いを求める」でも、「田舎を楽しむ」でも構いません。
一度いっしょに野田村へ行き、色々な文化を「体感」し、色んな人と会ってみて下さい。
何かが変わる瞬間が、そこにはあるはずです。


皆さんの参加をお待ちしています。



・このツアーは「Yahoo!基金 復興支援助成通年部門」からの助成を受けて行ってます。



募集要項

申込要領

告知チラシ